2021年12月1日、エスカは開業50周年を迎えます。

1964年、地元の有志によりエスカの前身である「名古屋駅西駐車場株式会社」が設立されて以来、
多くの困難を乗り越えながら、地元をはじめ関係者の皆様のご協力によって、
1971年12月1日にエスカは誕生しました。

それから50年。名古屋駅西口の商業環境の変貌と共に、愛知万博を契機とした名古屋めしブーム
の到来、インバウンドの増加、リニア中央新幹線開業に向けた名古屋駅周辺エリアの再整備など、
エスカを取り巻く環境も様々な変化を遂げてきました。
さらに昨年からは、新型コロナウイルスにより、
エスカは大きな影響を受けています。

こうした中で迎える、エスカ開業50周年のコンセプトは、『感謝と未来』です。

半世紀の想いを込めて…『感謝』
ご愛顧いただいたお客様、地元の皆様、テナント各位をはじめ、
50年間エスカを支えてくださった全ての方々に、
半世紀の想いを込めて感謝の気持ちを伝えます。

リニア開業、さらにその先を見据えて…『未来』
リニア中央新幹線開業後、さらにはその先の50年を見据えて、
エスカは地域に根ざした「夢のある100年企業」として、
地元の皆様と共に発展を続けていきたいと願っています。

このような想いを込めて、2021年4月から2022年3月までの1年間を
「エスカ開業50周年」として様々なイベント、セール、地下街のリニューアルなどを展開いたします。
withコロナの時代、そしてリニア中央新幹線の開業、さらに次の50年に向けて。
エスカは、皆様への感謝の気持ちを忘れず、未来を築いてまいります。

半世紀に一度の特別なイベントが次々と…!どうぞご期待ください。
HPにもどる